スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2019.04.01 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

甲奴駅

福塩線全線開通80周年記念イベントのあと、

福塩線の臨時列車に乗って隣の駅へ。

「甲奴(こうぬ)駅」です。広島県三次市になります。

瓦屋根にも「こうぬ」って書いてあります。

駅舎内に「美里歩」というお好み焼き屋さんがあって

甲奴の地酒「瑞冠」が飲めます。

 

雨でしたが、徒歩15分くらいの

三次市甲奴健康づくりセンター「ゆげんき」へ。

本格的なマシンが揃ったトレーニング室や

水中ウォーキングで鍛えられるバーデプール、

温泉もあります。

何より感心したのが、館内のカフェ。

地産地消でリーズナブル、テイクアウトのカツサンドを買いましたが

本当に美味しい。300円でした。

ランチは600円です。

婦人会の皆さんが作っておられるそうです。

 

ゆげんきを出てから喫茶プレゴへ。

2階に源泉かけ流しの温泉があるのですが、

実は下が喫茶店、上で旅館をやっておられて

今は宿泊の予約が入ったときだけ

温泉に入れるそう。

 

喫茶店の店内

食事メニューが本格的で、定食やめん類、丼のほか

お酒と一緒に楽しめる一品料理もあり

ときどきワニの刺身も入るようです。今度は飲みに行きたいな

おなかが空いたので人気の担々麺を頼みました。

マイルドな辛さで水菜がたっぷり

 

今度は天気の良い日に行って

色々歩いてみたいです。

 

JUGEMテーマ:国内小旅行


拍手する

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
写真は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。


甲立古墳 発掘調査 報告会

安芸高田市の甲立古墳で開催された
今年度の発掘調査の現地報告会に行きました。


安芸地方では初の畿内型前方後円墳です。

安芸高田市歴史民俗博物館に甲立古墳についての

常設展示があります。


今回テラスの周囲に造り出し部分を発見。

初めて基底石が見つかりました。

(中央横並びの列石の一番右端)


造り出し部分には

性質の違う土の配合で何層にも盛り土がされており
古墳の保存状態が良い理由が、
深い土木知識と、設計書通りにきっちり施工する
技術力に裏付けられていたことが分かりました。
相当な力のある被葬者でしょう。


また今回、前方部から後円部への
隆起斜道も確認されました。
埴輪列もあったそう。


来年度は埴輪の間隔や墓穴などを
調査していくそうです。

楽しみですね。

 

JUGEMテーマ:文化財探訪


拍手する

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
写真は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。


弥山登山

2月12日、宮島の弥山に久しぶりに登拝しました。

 

数ヶ月ぶりで脚もなまっているだろうし

数日前に脊柱管狭窄症と診断されたばかりでもあり

用心のためかなりゆっくり歩きました。

途中、各所を参拝しながらですが

大聖院ルートを2時間半かけて登り

紅葉谷ルートを1時間20分かけて下りました。

おかげでどこも故障なく筋肉痛もなしでした。

 

登山口でお地蔵さん、滝不動、滝宮など拝みながら

ずんずん登って、6丁の里見茶屋から

木が大きく繁っていて幻の滝付近は見えにくくなっていました。

 

15丁の遊女の石畳付近

11時前ですがちょっと凍っていました。

 

17丁付近の私が大好きな石畳道

 

仁王門

 

御山神社

今年初参り

 

御山神社直下の大岩の上から小黒神島を拝む

平和な瀬戸内海

 

弥山本堂で虚空蔵菩薩さまや霊火堂に不動明王、

三鬼さんを拝み、

それから少し上の薬師さまに久々にご挨拶、

自分や家族や友人知人の健康をお願いしました。

弥山の中で一番大好きな仏さんです。

 

観音菩薩や文殊菩薩、毘沙門天にお礼を言いながら登ります。

山頂へ着きました。

弥山はヨーロッパからの観光客が多いです。

この日からロープウェーが定期点検で運休に入ったのと

平日なので、大混雑というほどではなかったです。

 

おかげを頂いて元気に降りられて

よいお参りになりました。

 

JUGEMテーマ:宮島に行こう

JUGEMテーマ:神社仏閣

JUGEMテーマ:ハイキング


拍手する

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
写真は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。


西日本豪雨復興応援アート展

1/12〜20、呉市の大和ミュージアムで開催された

西日本豪雨復興応援アート展をお手伝いしました。

 

総勢25名の人気の漫画家さんやイラストレーターさんたちが

被災地の復興のためチャリティで寄せてくださった

描き下ろしの原画の展示です。

原画はすごくきれいで、ほのぼのするような作品ばかりで

感動しました。

主催は被災地出身のイラストレーターのむかいあぐるさんと

小説家の東きゆうさん。お二人の思いが心に響きました。

会期中にワークショップも開催され、

被災地からも遠方からも多くの子どもたちでにぎわいました。

 

会期が終了して撤収のお手伝いをしたあとに、

会場隣のフェリーターミナル最上階の展望台へ行きました。

呉の夜景はとてもきれいです。

呉駅で名物の「アイスもなか」を食べました。

 

呉は見どころや美味しいものが色々あります。

皆さんもぜひ行ってみてください。

>>呉市観光協会HP

 

会場で募った募金は呉市に寄付されました。

作品はすべてNPO法人に寄贈され、

今後、各地を巡回展示する計画だそうです。

お近くで展示されるときにはぜひ見に行ってください。

 

JUGEMテーマ:広島情報

JUGEMテーマ:アート・デザイン


拍手する

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
写真は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。


東城お通りとヤマモトロックマシン

広島県庄原市東城町へ2つのイベントに行きました。

午前中はヤマモトロックマシンという削岩機の会社にある

国登録有形文化財の工場の特別見学会です。

80年前の木造建築で、現役で稼働しています。

住民やOBによる見学会が年に数回開催されます。

ヤマモトロックマシン自治寮活用プロジェクト

 

広島市から公共交通を使って午前中に東城に到達するには、

高速バスを乗り継ぐといいと友人から教わりました。

広島バスセンターから三次行きの高速バスで三次駅前に向かい

三次駅前で中国バスの「みよしワインライナー」という

新大阪行きの高速バスに乗り換えます。

途中の東城出張所で下車。10時半過ぎ到着。

ヤマモトロックマシンまで徒歩で10分ちょいで着きました。

 

モダンと伝統、和と洋を組み合わせた

ユニークなファサード

長い奥行きを支える木製トラス

構内輸送レール跡

見学の後は昔の食堂棟で地元のジビエ料理

イノシシ肉の唐揚げがやわらかで風味が良かったです。

 

午後は伝統の祭り「お通り」

広島藩主福島正則公の家老・東城五品嶽(ごほんがたけ)城主

長尾隼人公が、祭礼行列に関ヶ原戦勝記念の武者行列を加えたのが起源

平和な世の中と子どもたちの健やかな成長を願って始まった

「母衣(ほろ)」行列

背後からの矢を防ぐ武具「母衣」を錦の布でくるみ、

山茶花の花と武者人形で飾ったものです。

地元の子どもたちが担いで歩きます。

JR芸備線東城駅

沿道で出会った犬のキロちゃんもホロでおしゃれ。

 

東城駅前から広島行きの高速バス1本で帰りました。

 

JUGEMテーマ:地元の祭り

JUGEMテーマ:「高速バス」

JUGEMテーマ:文化財探訪


拍手する

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
写真は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。


三次の復興祈念花火大会

口羽からの帰りに三次へ寄りました。

卑弥呼蔵・万茶房でカレーを頂いて、

花火大会に繰り出しました。

 

三次の花火は例年8月に納涼花火として開催されますが、

今年は7月の豪雨災害の影響で時期を遅らせて

復興祈念花火大会として開催されました。

 

 

初めて見たのですがとてもきれいで

カメラを持って来れば良かったと思いました。

スプレー菊やしだれ柳のような繊細で美しい花火や

夜空いっぱいに広がる大迫力の花火など

三次の心意気を感じるようで感動しました。

 

JUGEMテーマ:花火大会


拍手する

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。


生きている駅

廃線になった三江線の駅舎でコンサートがあるというので

広島から友人一家と一緒に

島根県の山あいにある川本町へ行きました。

 

石見川本駅舎コンサート第2回、

高知在住のミュージシャン

岡林立哉さんの馬頭琴とホーミー(倍音唱法)です。

ホームにステージが作られ、

レールの上に設けられた客席は

昔懐かしい青と白の待合室のイスでした。

客席に降りた人々は皆口々に

「楽しい!」「気持ちいい!」と

喜んでいました。

 

演奏の最後では、岡林さんがレールの上に降りて

演奏されました。

 

青空の下、音楽と一緒に風の音や虫の声が聞こえてきます。

小さな子どもたちが草むらで遊んでいるのも見えます。

駅の向こうの土手を歩く人が、音楽に気がついて足を止めます。

みんなで音楽を聞きながら、

この町が好きだな、としみじみ思えるひとときでした。

 

オープニングアクトの神吉絵さん、娘さんと共演のひとコマも

 

同じくオープニングアクトの「石見雅陽会」の雅楽

地元川本町の観光協会の方を中心にした若手グループです。

 

左は石見川本駅舎コンサート実行委員会の方です。

廃線になった駅だからできる楽しみ。

駅に列車はもう来ないけど、

町の人が集まり、レールの向こうに住む人とつながって

一緒に楽しいときが過ごせる。

石見川本駅はまだ、生きている駅なんだ。と

思いました。

次回のコンサートにもぜひ行きたいです。

 

JUGEMテーマ:鉄道・駅

JUGEMテーマ:島根


拍手する

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。


江の川カヌー公園さくぎ

二ヶ月も経ってしまいました。

面白かったことなどチョコチョコと更新します。

 

カヌー公園さくぎ

実はわたしゃ運動音痴で

カヌーは隠岐の島でしかやったことないですが

カヌー公園さくぎは江の川にあります。

レストランで江の川と山と三江線の線路を見ながら

ラーメン。

江の川の天然鮎で作る「鮎だし」をちょちょいと振って。

いい感じ。

三江線写真展もやってた。

 

売店に、炭とかドングリとか売ってる。

 

今年、敷地内に「くまみ湯」というお風呂ができました。

新しくてきれいでリーズナブルです。

おすすめ。

 

JUGEMテーマ:国内小旅行


拍手する

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

 


三江線 天空の流しそうめん

今年の春に廃線となった三江線で

地上20mの高さにあって天空の駅と呼ばれた

宇都井駅の駅舎とホームの活用策をさぐるため

JRから貸与を受け、NPO江の川鐵道の主催で

地元の人向けに流しそうめんのイベントがありました。

今後改善点など確認して、広く一般の人が参加出来るイベントにするそうです。

4月1日の廃止後は立ち入り禁止になっていて

地元の人もみんな初めて駅に入りました。

保険料を支払って一日会員になって上がります。

もう列車は通らないけど、116段の階段を一歩一歩上がる喜び。

駅舎に着きました。

安全のため、ホームの一部までで線路には入れません。

トンネルの入口に立ち入り禁止の柵がしてあるのが見えます。

変わらない町の景色。

地元の人たちが「やっぱりいいなあ。ここに立つとうれしいよ」

と感無量の様子です。

駅名標など撤去されていましたが、フェンスの外側、

駅舎のてっぺんにある駅名標だけは外さず残っていました。

さあ、みんなでお掃除です。

今日は「天空の流しそうめん」。

なんと、この駅の階段を上から下まで使って流しそうめんをします!

宇都井名産の竹を使って設営。

折りかえし部分の竹のデザインも地元の人のナイスアイディア!

クリエイティブ〜〜!

試行錯誤の末、完成!

そうめんを流します!

きゃ〜〜!!急角度のためものすごい豪速で流れて行きます!

三江線くらい速いぞ!動体視力が!!!ww

ちびっ子たちを中心に大盛り上がりです。

新鮮で美味しい宇都井産の夏野菜と一緒に。

 

夕方から、ニコニコ動画の生中継がありました。

三江線が走っていた頃にコスプレで列車のお見送りをしていた

蜘蛛&男さんと、宇都井駅ノートを管理していた93歳のおばあちゃん、

珈琲名人くんと、地元の3人が宇都井駅からメッセージを叫びます。

暑いなか、116段みんなで上がろう。一緒に。

生中継には写っていませんでしたが、

おばあちゃんとコスプレの蜘蛛&男さんらを気遣って

暑くないようにとずっと団扇で扇いだりミストを吹いてくれた方がいました。
 

三江線があったから、色んな人と出会えた。

ありがとう!三江線!

三江線に乗りにたくさん人が来てくれた。

また時々宇都井に来てください。

ありがとう。

3人のメッセージを後ろで聞いていて

胸に響いて泣きそうになりました。

 

下に降りたら、撮影していたディレクターさんも

おばあちゃんのメッセージに感動しました、

関われてうれしいと力を込めて仰っていました。

皆さん、番組に取り上げてくれてありがとうありがとうと言って

解散しました。

番組を見てた人もまた来てくれると思うし、

私もまた行きたいです。

 

JUGEMテーマ:島根

JUGEMテーマ:鉄道・駅


拍手する

Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivs 3.0 Unported License.


卑弥呼蔵 万茶房

三次本通りから続く石畳の小路に面した卑弥呼蔵(ひみこくら)

新しく開いた「万mann茶房」に行って来ました。

サロンのようなカフェです。

万寿乃井(ますのい)という古い酒蔵を再生した敷地内にあります。

 

写真左手の建物が万茶房です。

優美な稜線が印象的な比熊山を見上げる鉄蔵(てつくら)小路に面しています。

まるで昔からここに建っていたかのような雰囲気ですが、

新築されたそうです。

 

卑弥呼蔵の守り地蔵さまは敷地内に丁寧にお祀りされています。

きれいなお水を守っておられます。

万茶房の入口です。

傍らの水盤におもてなしのお花が。

 

室内はちょっとしたところに古い建具などがあしらわれていて

とても面白いです。

本がたくさんあってのんびりくつろげる空間です。

お店を切り盛りする卑弥呼さん

あったか〜いハートの方で、ファンが多いです。

もちろん私も。

木・金・土・日曜の14時半から20時まで開いています。

三次でちょっとくつろぎたいなと思ったら、

寄ってみてください。


拍手する

Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivs 3.0 Unported License.


| 1/25PAGES | >>